カテゴリ
ブランド・メーカー
キーワード
 
  • 消耗品&メンテナンス BB弾・BBローダーBBボトル・バイオBBなど
  • 電装特集バッテリー・充電器 驚きの豊富な品揃え!
  • 光学パーツ類 スコープ、ドットサイト、RAS・RISなど
  • ガン・パーツ一覧 ガン本体&関連パーツを探す
  • ブランド・メーカーから探す 目的のアイテムをブランドやメーカーから
  • セット商品 セット購入でお買い得!
  • 三八式
  • S&W「パフォーマンスセンター」カスタム!「S&W M327」
  • ロシア帝国制式軍用拳銃 HWS ナガン M1895 リボルバー
  • あす着!
  • 全商品ポイント5倍
  • メール便対応全国送料無料
CAUTION 必ずお読みください!対象年令商品について
  • 平日15時までのご注文で即日配送いたします(土日祝は休業日のため除きます)
  • 8,640円(税込)以上の商品をご購入で送料無料!(北海道・沖縄は送料半額)

TOP > 商品カテゴリから探す > ミリタリー > トイガン本体 > モデルガン > ハンドガン > タナカワークス 五四式自動拳銃 54式 HW(モデルガン本体)

タナカワークス 五四式自動拳銃 54式 HW(モデルガン本体)

新着

商品番号 hb000089049

合計10000円(税別)以上お買い上げで送料無料!(北海道・沖縄は送料半額)営業日15時までの決済確定で即日発送!

定価29,480円のところ
当店特別価格25,161円(税込)

[686ポイント進呈 ]

数量
入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

カラーバリエーション

アイテムイメージ
アイテムイメージ
アイテムイメージ
拡大 Prev Next

アイテムイメージ

アイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージ

旧ソ連製「トカレフTT−33」は独ソ戦で信頼性の高さを証明したが、第2世界大戦後は「マカロフPM」が正式採用され第一線からは退くこととなった。だが「鉄のカーテン」の向こう側である社会主義圏の各国には社会主義の盟主であるソビエト連邦より積極的に技術供与が行われ、ライセンス生産やコピー製品を製作し国産化が行われた。

1949年に成立した中華人民共和国もソ連の技術者を積極的に招致し国産化に取り組んだ。1951年にほぼソ連製パーツではあったようだがノックダウン生産方式で中国での最初のトカレフコピーである「五一式自動拳銃」を完成させる。その後、中国はパーツの国産化に邁進し、1954に完全国産パーツで製造した「五四式自動拳銃」を完成させた。五四式は軍だけではなく、人民警察(民警)や人民武装警察(武警)など様々な国内機関に採用された。また国内だけに留まらずベトナム、カンボジア、バングラディシュなどにも輸出され正式採用された。また1990年代には米国向けにサムセーフティを付属させたモデルが製造され輸出された。

コピー元であるTT−33とは異なる1911のようなスライドのセレーションや、高めのリアサイト、CCCPのない黒い星のみのグリップ、スライド上部の漢字で書かれた「五四式」の刻印、ランヤードリングのないマガジンフロアープレートなど特徴的な外観を再現した。
内部機構はモデルガンでもトカレフに準じ、同様に安全装置は付いておらず、部品点数削減と生産性を優先した作りとなっている。また随所に衝撃を緩和する部品(リコイル・バッファー、ハンマー・バッファーなど)を仕込み、衝撃に弱いヘビーウエイト製にもかかわらず破損しにくい、耐久性の高い発火モデルガンとなった。

トカレフTT−33と同様に7.62x25mmトカレフカートリッジを使用する。主要素材には傷に強い超ジュラルミンを採用し、Evo.2で実績のある快音トップにより抜けのいい発火音が楽しめる。またマガジン部品も同様に防錆・防キズ効果に優れるSQP処理を施工。

特徴的な外観から「ブラック・スター・ピストル」とも呼ばれる中華製トカレフ「五四式自動拳銃」

仕様
全長:195 mm
重量:543 g
装弾数:8発

備考:
●主要材質 HW樹脂+亜鉛ダイカスト
●使用カートリッジ 7.62x25トカレフ発火カートリッジ
●5mmキャップ火薬使用発火式
●付属品 7.62x25トカレフ発火カートリッジ8発、キャップ・ローダー、六角レンチ2種

タナカ tanaka トカレフ チャイニーズ 中国 TT33 Tokarev ロシア ソ連 共産圏 銃 オートマチック 拳銃 リアルな質感

JAN 4537212010269

●安全性の注意点

●製品説明書をよく読んで取扱下さい。
●エアガン・モデルガンは周囲の状況を確かめながら人や車が通らない場所で遊びましょう。
●銃の形をしているものを持ち運ぶ場合は、誤解や恐怖を与えないようにケースやバッグをお使い下さい。
●小さい子供やマナーの知らない人に触らせないようにしましょう。
●人や動物に銃口を向けたり発射してはいけません。
●絶対に銃口を覗いてはいけません。